トップ > 特集一覧 > ぶらり 道後のたび <後編>

ぶらり 道後のたび <後編>

2017年10月13日|寺島知春

思いたって道後温泉にやってきた前編。ぶらぶら寄り道して、今回はついにお湯に入ります。

腹ごしらえもすんだし、いよいよ温泉にいくか! と勇み足で踏み出した私。この角を曲がって、こっちかな……とやっていると、数分のうちに観光サイトで見知った光景が眼前に広がりました。道後温泉本館だ!


レトロなたたずまいの道後温泉本館 レトロなたたずまいの道後温泉本館


レトロなたたずまいの道後温泉本館 温泉ゆかりの鷺モチーフに目を奪われる


レトロなお風呂を入り比べ


明治27年に建てられた道後温泉本館は、この温泉街のシンボル的存在。夏目漱石は明治28年に旧制松山中学の英語教師として赴任しており、彼もまた足しげく通った一人でした。その時にはまだ、新築で木の香りが漂っていたといいます。


「坊ちゃん」では、舞台を四国とだけ記しているものの、作中の方言などから松山がモデルと考えられています。「住田の温泉」として登場するのが、この道後温泉本館だとか。


入り口では、順番待ちの人を呼ぶ番台さんの声が響き渡っています。本館ではお湯に入るだけのほか、待ち合い部屋がランク別に用意されていて、入室を待つのに混み合っているのです。運良く一番上等の三階席に通してもらえることになって、にわかに興奮……!


レトロなたたずまいの道後温泉本館 三階席に向かう長い廊下


レトロなたたずまいの道後温泉本館 三階席は個室。ゆったり過ごせる


レトロなたたずまいの道後温泉本館 開け放した窓から通りをのぞむ


霊の湯 霊の湯(道後温泉本館より引用)


神の湯 神の湯(道後温泉本館より引用)


道後温泉本館には一般客用の湯殿として、大浴場の「神の湯」と、比較的小ぶりの「霊(たま)の湯」の二つがあります。どちらも源泉は同じで、なめらかなアルカリ性単純泉です。


三階席の個室は90分制とのことで、さっそく浴衣に着替えます。まずは「霊の湯」。私が入った時には入浴人数も少なく、ゆったりじっくり浸かれました。深めの湯船に首までつかって、やわらかなお湯を思う存分堪能。


つづいて「神の湯」。こちらは一般的な銭湯に近く、大きな脱衣所に広い浴場が気持ちい〜い! 湯船はやはり深めで、やや熱め。「霊の湯」では全体に石造りでしたが、こちらは陶器があしらわれているのも、趣向が変わって面白かったですよ。


ちなみに、女湯では見かけなかったのですが(見落としたかな?)、男湯には「坊ちゃん泳ぐべからず」との古い注意書きもあったそうです。み、見たかったな……。


又新殿 又新殿(松山市HPより引用)


湯上がりには、本館内に皇族用として作られた「又新殿(ゆうしんでん)」を見学したり、部屋で涼みながら坊ちゃん団子をいただいたりと、歴史を感じるレトロな空間でのんびり過ごしました。



三階席の最奥は漱石ゆかりの間 三階席の最奥は漱石ゆかりの間


漱石が滞在した部屋には関連展示が 漱石が滞在した部屋には関連展示が


松山での教員時代の写真。年若い漱石は”イケメン”だ 松山での教員時代の写真。年若い漱石は”イケメン”だ


温泉街で砥部焼に出会う


本館を出てホテルに戻るまでの間、商店街をぶらぶら散策。あてのないさんぽこそ、温泉街の醍醐味です。


名物ののれん下で貫禄のうたた寝 名物ののれん下で貫禄のうたた寝


どこにでもありそうなおみやげ屋などに混じって、竹細工や陶器をならべる店がちらほら見かけます。この辺りの特産なのかな?


竹細工の店を見がてら、お店の人に聞いてみると……。「竹細工は古くから名産なんですよ。温泉の熱で竹を曲げられるから」とのこと。なるほど、熱には別の利用法もあったのですね。


道後温泉駅前の足湯「放生園」 道後温泉駅前の足湯「放生園」


「じゃこ天」のバーガー。違和感なく美味 「じゃこ天」のバーガー。違和感なく美味


陶器は砥部焼(とべやき)といい、愛媛・砥部で焼かれたものでした。距離を調べてみると、車ならそう遠くはない場所です。行けると思うと、がぜん焼き物好きの血がたぎります。旅の最後はここに行ってみよう。


窯が点在する砥部 窯が点在する砥部


翌日、道後から足をのばして砥部へ。窯ごとに販売店があるので、いくつかのぞいてみました。


砥部焼のベーシックなスタイルは、白地に青の染め付けや青磁。全体に基本をおさえながらも、現代的な感覚で職人それぞれがデザインを遊ぶ空気感があり、どの窯の作品も見ていて飽きることがありません。


数ある魅力的な作品のなかで私が気になったのは、陶彩窯のツバメ柄の皿でした。すっきりした絵柄なのにぬくもりがあって、遠くからでも引き寄せられてしまうほど、気になる。


陶彩窯の器の数々 陶彩窯の器の数々


気になったツバメ柄の皿 気になったツバメ柄の皿


ツバメのイラストは明治生まれのグラフィックデザイナー・杉浦非水のものでした。杉浦は松山出身で、三越の広告などを手がけた人物。そのデザインを焼き物に引用し、現代によみがえらせたシリーズが、この皿でした。


どうりで、シブカワなわけだ。旅の思い出に、家へ連れて帰ろうかな。


窯探訪中に「たらいうどん」も。ふわふわでおいしい 窯探訪中に「たらいうどん」も。ふわふわでおいしい


この記事を書いた人

寺島知春 Chiharu Terashima |ライター/エッセイスト/絵本こどもアプリ評論家

絵本出版社編集を経てフリー。専門は絵本、こどもアプリ。2016年秋には『AERA』(2016/9/19号、朝日新聞出版)特集内に絵本選書コメントが取り上げられるなど、雑誌やwebで活動中。

公式HP:http://terashimachiharu.com/

関連するタグ

この記事もおすすめ

  • ぶらり 道後のたび <前編>

    暖かい日もありますが、季節はすっかり秋。空気に冷たいものが混じってきました。そんな季節には、あったかい温泉が一番! 愛媛・道後温泉でシブカワ探しをしてきました。

    2017年10月11日|寺島知春

  • 真っ赤な金魚がひらひら、ゆらゆら。金魚グッズ3選

    真っ赤な金魚が水中をひらひらと泳ぐさまは、日本の情緒あふれる風情。そこで今回は、一風変わったかわいらしい金魚グッズをご紹介します。

    2017年9月12日|渡邊晃子