トップ > 特集一覧 > 春のごくごく、国産ジュース。

春のごくごく、国産ジュース。

2017年4月6日|寺島知春

あたたかくなると、すっきりした飲み物を体がほしがりませんか? 国内産のとっておきのジュースを飲み比べました。

7本のジュースを紹介します 7本のジュースを紹介します


りんごジュース3つを飲みくらべ


国内産の果実ジュースは、意外と種類があります。なかでもやっぱり、王道のりんごジュースは選択肢が豊富。まずは、筆者が気になった3つのりんごジュースから始めましょう。

りんごジュース3点。右から「山形代表りんご」「小布施町産シナノゴールドりんご」「ワンダーアップル」 りんごジュース3点。右から「山形代表りんご」「小布施町産シナノゴールドりんご」「ワンダーアップル」

「山形代表りんご」(サン&リブ/山形)は、3点のなかでもひときわ白い見た目です。味はというと……。すっきり軽く、やさしい酸味があります。

りんごジュースというと、風邪のときに飲むイメージが定着していますが、体力がなく甘いものも進まない時も、これならすっと体に入りそう。この商品は、甘い品種・ふじと、酸味のある紅玉をブレンドしています。

一方、「小布施町産シナノゴールドりんご」(小布施屋/長野)は真逆です。りんごの蜜の部分だけを集めたのではないかと思えるほど、甘い。
3点中でいちばんの甘みがあり、おやつ代わりによさそうです。原料のシナノゴールドが採れる小布施町は、日照時間の長さと昼夜の寒暖差が特徴の町。甘い果物を作るのに絶好の条件だそうで、飲んでいっそう納得しました。

「ワンダーアップル」(カルネ/青森)は、まさにザ・りんごジュースといった出来です。甘と酸のバランスがよく、一口に充実感があります。こちらもふじが原料で、100年以上つづく農家が丹精こめて育てたものを絞っています。筆者は3つのなかでは、これがいちばん好みでした。

りんごジュースだけでも、ここまで三者三様とは驚きです。ほかにも試してみて、オススメだったものを挙げてみますね。



朝に飲みたいトマト&りんご


トマト際立つ「トマト&アップル」 トマト際立つ「トマト&アップル」


「トマト&アップル」(カルネ/青森)は、さきほどの「ワンダーアップル」と同シリーズで、トマトも青森で露地栽培されたものを使っています。この組み合わせのミックスジュースは、ちょっとめずらしいかもしれません。

筆者はトマトジュース好きですが、りんごで割ってあるのもなかなかイケるなという感想でした。むしろ、毎朝飲みたいくらいおいしかった。

飲み口はさらっとしている 飲み口はさらっとしている


りんごの主張はさほど強くなく、知らずに飲めば「トマトジュースだね」と言ってしまいそうです。でも、飲みやすさには確実に一役買っているので、苦手な人にもすすめられそうでしたよ。


おやつに最適、ももジュース


「山形代表もも」はすっきり味 「山形代表もも」はすっきり味


うす桃色の混濁が見るからにおいしそう。山形県産のももを絞った「山形代表もも」(サン&リブ)です。

ももジュースというと、こっくり濃い味の「不二家ネクター」(不二家)がおなじみです。筆者も大好きなのですが、ときおり後に残る強い甘みで水がほしくなることも。

ネクターとくらべると、こちらはごくすっきり飲めます。それでいて、口中に留まっている間は芳醇なももの香りと、果汁の舌ざわりを存分に楽しめます。飲み物ですが、満足感は食べ物に近いかもしれません。小腹がすいたときには、ちょうどいい一缶。


気分転換にクセのあるやつを


北海道でおなじみ「コアップ・ガラナ」 北海道でおなじみ「コアップ・ガラナ」



デスクワークをしていると、夕方ごろに疲れがたまってきますよね。そんなときにうってつけの飲み物も。「コアップ・ガラナ」(ホッピービバレッジ)です。

実はこれだけ、果物のジュースではないのですが……。ガラナは、北海道で50年以上親しまれているご当地炭酸飲料。コーラに似た存在で、さまざまな種類があります。

ガラナの実を使っていて、疲労回復やスタミナ増強が期待できるのだとか。ほかのジュースとはちょっと毛色がちがいますが、気分転換には最適の一本なので、推し。味は果実味のあるコーラといった感じで、炭酸がきいています。


贅沢ジュースで夜のひととき


贅沢な味「黄金しょうがのジンジャーエール」 贅沢な味「黄金しょうがのジンジャーエール」


最後は「黄金しょうがのジンジャーエール」(はるのTERRACE/高知)です。微炭酸でごく飲みやすく、香りが抜群です。ぷしゅっと封が開いた途端に、生のしょうががふわっと香ります。

贅沢な味「黄金しょうがのジンジャーエール」 しょうが香る、充実の一杯


高知県産のしょうがを天日干しにしてたっぷり使っているため、にごって見えます。辛みは強めですが、丸みがあって本当においしい。そのままではもちろん、お酒で割ってもよさそうです。こんな贅沢な一杯で一日をしめくくれたら、ちょっといい夢が見られるかも。


お気に入りのジュースがかたわらにあれば、春が一段とたのしくなりそうです。


この記事を書いた人

寺島知春 Chiharu Terashima |ライター/エッセイスト/絵本こどもアプリ評論家

絵本出版社編集を経てフリー。専門は絵本、こどもアプリ。2016年秋には『AERA』(2016/9/19号、朝日新聞出版)特集内に絵本選書コメントが取り上げられるなど、雑誌やwebで活動中。

公式HP:http://terashimachiharu.com/

関連するタグ

この記事もおすすめ