トップ > 特集一覧 > あるがまま、を身につける。日本の植物アクセサリー

あるがまま、を身につける。日本の植物アクセサリー

2017年6月14日|寺島知春

花や木の実など、自然物の造形には目をみはるうつくしさがあります。それを加工し、アクセサリーに仕立てる女性アーティストを取材しました。

耳元をいろどる、青い花のイヤーカフ。身につける人の透きとおる肌とあいまって、はかなくも力強い存在感を感じさせます。


ほんものの紫陽花とラスカスの葉でつくった、ituka(イツカ)のアクセサリーです。光にかざせば、葉脈があみの目のように走るのさえ見てとれる繊細さ。


千日紅のピアスは、あざやかな紅色をしています。片方だけに残る葉っぱが、野にあった時の意志を感じさせるようです。


紫陽花×ラスカス ブーケイヤーカフ 紫陽花×ラスカス ブーケイヤーカフ


千日紅ピアス 千日紅ピアス


紫陽花からはじまった制作


itukaは、名古屋市を拠点に活動するアーティストです。彼女の生み出す作品は、どれもほんものの植物を加工してつくっています。


作家・ituka


ituka 「あるとき、ふと『葉脈の見えるアクセサリーを作りたい』と思ったんです。2010年ごろだったでしょうか。独学ではじめて、試行錯誤しながら完成したのが紫陽花のアクセサリーでした」


ひとつめの作品から工夫を重ね、たどりついたのが、特殊な樹脂での加工だったと彼女はいいます。葉脈が細部まで透けて見とおせるけれど、手になじむやわらかさも兼ね備え、しかも簡単にこわれない紫陽花。彼女自身も「何度作ってもうつくしさに心を奪われる」と話します。


紫陽花ピアス 紫陽花ピアス


活動開始から7年目の現在、紫陽花シリーズはitukaの定番となりました。また、日本の植物をかわきりにラインナップは日々増えています。


ituka 「展示会のときなんかは、庭で育てた花や、旅先で出会った木の実をつかうこともありますよ。ちいさなころから海へ行けば貝殻をひろい、山へ行けば木の実や草花をあつめていました。まるで宝探しのようで、夢中なんですよね(笑)。いまの制作も、子どものときの遊びの延長線上にある気がします」


基本にする「じねん」の考え


植物それぞれのもつ形の魅力を、できるだけ引き立てられるようめざしている彼女。ものづくりの根底には「人間も自然の一部」という、確固たる思いがありました。


ituka 「もともと環境問題に興味があり、調べるなかで特に目にとまったのが『自然観』でした。『自然』って、『しぜん』とも『じねん』とも読みますよね。もともと日本にあったのは『じねん』の考え、つまり人間も自然の一部であるというものだそうです」


「じねん」とは仏教用語で、人間の作為が入らないそのままのありようを示す言葉です。あるがまま、ともいい換えられます。


ツゲピアス ツゲピアス


一方で、「しぜん」は明治期に「nature」の日本語訳として発明された言葉。natureがさすのは、人間と対立する存在です。したがって「しぜん」と「じねん」は、概念として真逆といえます。


ituka 「この『じねん』という発想が、なにか大きなヒントのように感じます。環境問題を解決するカギとしてもそうですし、生きるうえでのあらゆることに大切な気がして。そう考える自分に気づいたとき、社会に発信したくなったんです。でも私、昔から言葉で表現するのが苦手なタイプで『じゃあ、好きなものづくりで伝えてみよう』と」


ちょうど制作スタート期だった植物アクセサリーに、「人間も自然の一部」というコンセプトを据えて、本格的にのりだしたのでした。一見、華奢(きゃしゃ)なitukaの作品群ですが、同時に芯の強さやたおやかさも薫るのには、そんな背景もあったのですね。


私たちが日々まとうアクセサリー。あるがままをよしとする凛とした一品を、小物箱に加えてみたくなります。



< 展示会情報 > belleasie×ituka「なつのふたり展」
2017年6月23日〜27日

場所:re:Li リリ(名古屋市中区栄1-25-5仲ノ町公園南ビル1f.2f)

詳細は下記をご確認ください。
ituka公式HP
Instagram

紫陽花ネックレスと三角ピアス<br>
紫陽花ネックレスと三角ピアス

この記事を書いた人

寺島知春 Chiharu Terashima |ライター/エッセイスト/絵本こどもアプリ評論家

絵本出版社編集を経てフリー。専門は絵本、こどもアプリ。2016年秋には『AERA』(2016/9/19号、朝日新聞出版)特集内に絵本選書コメントが取り上げられるなど、雑誌やwebで活動中。

公式HP:http://terashimachiharu.com/

関連するタグ

この記事もおすすめ

  • ぶらり 道後のたび <後編>

    思いたって道後温泉にやってきた前編。ぶらぶら寄り道して、今回はついにお湯に入ります。

    2017年10月13日|寺島知春

  • ぶらり 道後のたび <前編>

    暖かい日もありますが、季節はすっかり秋。空気に冷たいものが混じってきました。そんな季節には、あったかい温泉が一番! 愛媛・道後温泉でシブカワ探しをしてきました。

    2017年10月11日|寺島知春

  • 真っ赤な金魚がひらひら、ゆらゆら。金魚グッズ3選

    真っ赤な金魚が水中をひらひらと泳ぐさまは、日本の情緒あふれる風情。そこで今回は、一風変わったかわいらしい金魚グッズをご紹介します。

    2017年9月12日|渡邊晃子